2014年10月12日日曜日

国連が原子力を推進しているのはおかしいと思います。Odd that UN is promoting nuclear power



国連がいまだに原子力を推進しているのはおかしいと思います。

It is odd that the UN still promotes nuclear power.

IAEAなどはチェルノブイリや福島が起きた後も健康被害を否定し、原発を推進し、アジアでは多くの原発建設と稼働が計画されています。
IAEA has been ignoring grave health hazards after Chernobyl and Fukushima, promoting nuclear power and now in Asia, dozens of nuclear power plants are planned to be in operation.


台湾では600万都市の台北の30km圏内で、原発ふたつが稼働中。
In Taiwan, there are 2 nuclear plants operating within 30km of Taipei, 6 million city.

しかも、陸上と海底のふたつの火山に挟まれ、また、活断層はほんの数キロメートル先だと言うのです。
These two nuclear power plants are sandwitched by 2 volcanos one on land and one under the ocean, and there are active faults only several km from the plants.


そんな中、台北タイムズが有難い記事を出してくれました。
The following is the Taipei Times article, which I belive very important to read.

Asian forum warns of nuclear threats


ノーニュークス・アジアフォーラムが核・原子力の脅威に警告

NO NUKES:A panelist accused the UN of lying about radiation’s effects, showing concern over the risks posed by nuclear energy, but still to lobby for its development

ノーニュークス:一人のパネリストは、国連が原子力によるリスクについて憂慮しているポーズをとりながら、放射能の影響について嘘をつき、いまだに原子力を推進していることを非難した。



(竹野内注:この見出し、ものすごく嬉しいです!メジャーなメディアで国連批判を真っ向から入れてくれたところはないのではないでしょうか?あったら教えて下さい。)


By Sean Lin  /  Staff reporter


Activists from Hong Kong, Japan and South Korea join supporters of the Green Citizen Action Alliance and other groups outside the Ministry of Economic Affairs in Taipei yesterday to oppose extending the life of Taiwan’s three aging nuclear power plants.

香港、日本、韓国の活動家が台湾の緑色公民行動連盟協会その他のグループによる、台北にある経済省前の抗議活動に参加し、台湾の老朽化した3か所の原発の寿命を延ばそうとする動きに反対した。Photo: CNA

Panelists at this year’s No Nukes Asia Forum (NNAF) in Taipei yesterday highlighted the risks posed by nuclear energy and its rapid expansion despite the Fukushima Dai-ichi nuclear power plant disaster three years ago.


今年台北で行われたノーニュークス・アジアフォーラムではパネリストたちが原子力による危険性と3年前の福島第一原発事故にも関わらずに原子力が拡大されつつあることについて強調した。



NNAF Japan coordinator Daisuke Saito told the forum that three years after the meltdown in Japan, about 140,000 displaced residents still live in shelters.


ノーニュークス・アジアフォーラムの佐藤大介氏は、メルトダウンが起きてから3年たっても、14万人もの人々が仮設住宅に住んでいると話した。



Despite spending ¥10 trillion (US$91.7 billion) to remove a 10cm-thick layer of soil contaminated by nuclear radiation, the Japanese government has yet to succeed in purging the land, he added.


10兆円もの金額が放射能に汚染された土壌の表層10cmを除去するために投じられたが、日本政府はいまだ除染に成功していないと佐藤氏は加えた。


The hope to abolish nuclear energy is a universal one, Saito said, citing as an example Japan’s Kagoshima Prefecture, where discussions on the reactivation of Sendai Power Plant are taking place, prompting about 16,000 Tokyo residents to take to the streets last week to protest the plan.


原子力を廃止したいという希望は世界的なものです、と主張する佐藤氏は、日本の鹿児島県にあり、再稼働が議論されている川内原発について語り、先週東京でも1万6千人もの人々が街頭で抗議したと言う話をした。


An additional 8,000 Kagoshima residents rallied in their hometown — a remarkable display of public opinion in the rural prefecture, he said.


8000人もの鹿児島の住民もデモに参加し、この数は人口の少ない場所では驚くべき意思表示であると言う。



Saito also apologized in his capacity as a Japanese national on behalf of Japanese companies Hitachi Ltd and Toshiba Corp for exporting nuclear reactor modules to Taiwan that were used in the construction of the Fourth Nuclear Power Plant in New Taipei City’s Gongliao District (貢寮).


佐藤氏はまた、日本人として、日立や東芝などの日本の企業が原子力を台湾の貢寮にある第四原発建設に向けて輸出したことを止めることができなかったことを謝罪した。


Mari Takenouchi, a Japanese reporter from Okinawa Prefecture, accused the UN Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation of publishing false studies that claim nuclear radiation is “harmless” to the human body. (Note: This line is a misunderstanding of the reporter, and I said, "UNSCEAR denies health hazards occuring among Fukushima residents.")


沖縄県のジャーナリストの竹野内真理氏は、UNSCEAR(国連科学委員会)が、放射能が無害であると誤った研究報告を出していることを非難した。(竹野内注:この部分は記者さんの勘違いで、私は「UNSCEARは福島の住民の間で起きている健康被害を否定している」と話しました。)



Calling the committee’s move “criminal,” she said that the UN might appear to show concern over threats posed by nuclear power, but it is lobbying for development of the high-risk energy.

UNSCEARの動きは「犯罪的である」と竹野内氏は述べ、国連は原子力による脅威を憂慮するポーズをとりながら、このリスクの高いエネルギーソースを推進していると語った。


She said the chance of contracting thyroid cancer in Fukushima used to be one in 1 million, but after the nuclear accident, the figure rose to one in 3,000.


竹野内氏はもともとは甲状腺がんの子どもは100万人に1人と言われるが、原子力事故の後、福島では3000人に1人にまで増えていると述べた。



Takenouchi said the nuclear radiation emitted in the aftermath of the accident not only affected Fukushima residents, but spread across a vast area.


竹野内氏はさらに原発事故で拡散された放射能は福島の住民だけでなく、広い範囲に拡散し、影響を与えたと言う。


“My family and I were in Tokyo on March 15, 2011, when a nuclear cloud [generated from the Fukushima nuclear meltdown] passed over the city. During the several weeks that followed, my son developed fever 12 or 13 times, lost weight and had rashes all over,” she said.


「私の家族(息子)と私は、東京に放射能雲が通過した時に、2011年3月15日に東京に居ました。数週間のち、私の息子は12回か13回、発熱し、体重が減り、発疹が体中に出ました」


Since the accident, many Fukushima residents reported symptoms including vomiting, abnormal nosebleed and loss of body hair, Takenouchi added.


原発事故後、たくさんの福島住民が、嘔吐、異常な鼻血、脱毛などの症状を発症したと彼女は付け加えた。



Daniel Tam (譚棨禧), a member of the Hong Kong Alliance Against Nukes, warned of the rapid pace at which China is constructing nuclear plants in its coastal provinces, saying that it has least 20 operating plants and is planning to build 28 more.
香港の反核団体のメンバーであるDaniel Tam (譚棨禧)氏は、中国の海岸地域における原発の建設ラッシュについて、少なくとも現在20機が稼働中で、今後28機増設する予定であると警告した。








“Countries all over the world have been more cautious with their nuclear energy policies after the Dai-ichi disaster. Yet, China is building nuclear plants at a speed unprecedented in human history,” he said.


世界中の国々は、福島第一事故の後に原発政策についてより注意を払うべきです。しかし中国は人類でかつてないほどのペースで原発を建設しています。



“Hong Kong has been using nuclear energy for more than 20 years. Therefore, many Hong Kongers feel obligated to monitor the operation of power plants. I hope that the people of Taiwan and Hong Kong can have more interactions by disseminating information on this issue,” he said.





「香港は20年以上原子力を利用しています。だからこそ、香港の人々は原発を監視する義務があると思っています。台湾と香港の人々が、この問題に関してより情報を拡散するため、相互協力できればと考えています」、と氏は述べた。


http://www.taipeitimes.com/News/taiwan/archives/2014/09/30/2003600939


国連が福島における健康被害を無視していると話す竹野内
Mari Takenouchi speaking about UN ignoring health hazards in Fukushima (English)






福島から子供たちの避難の必要性を訴える郡山市の黒田節子氏
Ms.Setsuko Kuroda talking about the situation in Fukushima (Japanese)








0 件のコメント:

コメントを投稿